京都旅行の春の服装

京都旅行の春の服装(レディース編)バッグの中に何をいれていく?

 

京都では神社や仏閣巡り、由緒正しい料亭や甘味処など、歴史のある街並みに合う、シックな色使いでカジュアル過ぎないスタイルを心がけます。

 

古い街は歩くだけでも楽しいので、足元は歩きやすいぺたんこ靴が定番。

 

お座敷のお店も多いので、脱ぎ履きのしやすい靴を選びます。

 

京都になじむ服装で、ゆったりと古都を散策します。

 

旅行バッグは、手提げにも肩かけにもなる2WAYバッグにすると便利です。チェーンがきれいめな印象のポシェットを、斜めがけにして両手は空けます。買い物用に、小さくたためる薄いエコバックを入れておくと何かと重宝します。

 

京都は蒸し暑いので、着心地のいい半袖Tシャツと、きれい色スカートで気分を盛り上げます。観光でたくさん歩く日は、スニーカーがおすすめ。

 

白地に紺のボーダーTシャツに、イエローのイレヘムスカートで、品よく大人カジュアルなコーディネート。

 

嵐山のトロッコ列車に乗ったり、遠出の観光には、チェーン付きのショルダーバッグで身軽にして、ボーダーシャツとカーキのパンツで、動きやすい服装にします。お座敷にあがりやすい、白のくつ下と黒のバレエシューズで、大人可愛いい旅コーデにします。

 

鴨川沿いの老舗でランチの時には、レディな雰囲気の服装でフェミニンにきめます。黒のオフショルダートップスに、レモンイエローの膝丈スカートを合わせて、黒のバレエシューズと黒のバッグで品よくまとめます。

 


このページの先頭へ戻る