沖縄への旅行の服装

沖縄への旅行の服装(4月、5月、6月、レディース編)3泊4日

 

沖縄への旅行なら、普段よりもカジュアルな服で、リゾート気分を盛り上げる色使いがポイントになります。

 

リネン素材のアイテムや、風通しがよくてシワが気にならない服や、南国気分に浸れるカラーアイテムをそろえます。

 

旅行中のバッグは、キャリーバッグと、現地で使うかごバッグ、クリアのショルダーバッグの3つがあれば完璧。

 

荷物が混ざらないように、化粧水や日焼け止めなどは、ポーチに収納して整理します。

 

飛行機に乗る時のコーデ

沖縄に着いたら、ホテルのビーチに直行しやすいように、水着をあらかじめインに着ます。
カーキのリネンシャツのインに、水着を着こんで搭乗。ロングスカートなら、長時間のフライトでも楽ちんです。空港を歩くので、ビーチサンダルではなくて、トングサンダルにして、きちんと感を意識します。

 

4月の沖縄美ら水族館ドライブコーデ

肩のストラップをとればベアになるオールインワンは、Tシャツとの重ね着で表情が変わるところが、旅行の服装にピッタリなアイテム。レンタカーを借りて運転する日は、動きやすいパンツスタイルがおすすめ。夜の寒さ対策に、ストールは必需品。黒ストライプのオールインワンのインに、白Tシャツ、ストールで日焼け対策も万全にします。

 

5月のダイビングコーデ

離島へダイビングに行く日は、着替えが楽なように、リバーシブルの水着を着てから出かけます。脚だけほんのり焼きたい時には、デニムのショーパンで、ヘルシーな肌見せスタイル。羽織りには、カーキのシャツ、かごバックとビーチサンダルも忘れずに。

 

6月の国際通りタウンショッピングの服装

沖縄の街を観光しつつ、お土産を買ったりする日は、足もとは楽なビーチサンダルで軽快に、地元に溶け込むファッションにします。白Tシャツとフューシャピンクのロングスカートに、ストローハットをかぶり、サングラスをアクセントに、顔の日焼け対策はしっかりします。

 


このページの先頭へ戻る